天然素材で解毒を促す漢方の力

デトックス(detox)とは本来「解毒」を意味し、アルコールや麻薬中毒者への治療、という意味をもつ言葉としてつかわれてきました。しかし近年では、より誰にとっても身近なものとして捉えられています。

日常生活を通して知らず知らずのうちに体内にため込んでしまった毒物を「解毒・排出」することで身体の機能を正常化させ、それによって内側からの健康や美しさを取り戻すための方法として、このデトックスが注目されています。

一方、漢方は中国の東洋医学の発想から生まれたもので、日本に輸入されるようになってから独自の発展を遂げました。天然素材をうまく取り入れることで、体内の毒素を排出させるというものです。そのため、根本的な考え方は上記のデトックスとリンクしていると言うことができます。

体調の良し悪しは人によって、また同じ人でも生活の変化によって大きく変わります。そのため、自分の体調に合わせて漢方の生薬を上手に取り入れましょう。

漢方における重要な3要素として、「気・血・水」があげられます。この中のどれか一つでも不足してしまうと、身体のバランスが崩れ、健康に害が及ぶと考えられています。ストレスが深刻な問題とされている現代。ストレスはこの3要素における「気」と深くかかわりのあるものです。現代社会に生きる私たちにとっては、漢方をつかったデトックスが必要であるといっても過言ではないでしょう。

からだを作る三要素 気・血・水

漢方では、人間の生命活動は「気・血・水(き・けつ・すい)」の3つの要素によって成り立っていると考えられています。3つのバランスが保たれていれば、「正気(せいき)」が生まれ、健康を保つことができます。
https://www.kamponavi.com/library/l02.html

Comments are closed.