毒素排出による好転反応

体の中に溜まった余分な毒素を外に出すには、食事や運動等の効果で毒素を出す事が出来るようになります、毒素排泄のデトックス効果を獲得する時には、好転反応という反応が起こり、一時的に体が怠くなったり、不調に陥る事があります。

デトックスによる好転反応は、体が悪い状態から良い方向に移り変わる時に起こる反応であり、体に蓄積していた毒素を排泄させる過程で肌荒れが起こったり、発熱があったり、便秘症状があったりと様々な症状が起こる事があります。

毒素が溜まった状態の体には、常に負担がかかった状態で、毒出しのデトックスを行う必要がある状態にあります、人間の体は普段から体にとって悪い毒素は外に出そうと自然に働いてくれています。

デトックスによって体質改善に繋がりますし、体が良い状態に変わっていく過程では、自然の治癒力等が活発化する事になり、そこで好転反応が生じる事があり、体の不調を感じたり、尿や便が沢山は出されたり、お腹に大量にガスが溜まって出されていったりして、体が元気になっていきます。

好転反応は個人差があり、感じない方も居ますが、体が綺麗に浄化されていく為の準備が整った状態に起こる事であり、デトックスの出発点でもあります。

Comments are closed.